日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年6月20日

多田野“超遅球”繰り出す条件は

 ついに“あの1球”を見ることができた。今季、楽しみにしていたワンシーンが6月18日の広島戦で現実のものとなった。マウンドにいたのは逆輸入のルーキー多田野。球場をどよめかせるには、十分のインパクトだった。
 

 1点差でリードを許していた5回、シーボルの4球目だった。多田野の投球フォームが、急にゆっくりになったと思った瞬間、ボールが斜め上にめがけて投じられた。「久しぶりだったんで思ったより上に行ってしまった」。山なりのまま、ストライクゾーンへ吸い込まれ、追い込まれたシーボルは振るしかなかった。

 結果は遊ゴロ。野球経験者なら少しは共感できると思うが、あの超スローボールを打っての凡打はかなりの屈辱感だったと容易に想像できる。米国時代から多田野が使い始めた1球で、メジャーを代表する強打者A・ロドリゲス(ヤンキース)を打ち取ったこともある秘密兵器だ。

 テレビ画面からいったん消えて、打者の近くで再び画面に戻ってくる珍ボールは、通常のスピードガンでは計測不能。推定70キロ未満とされ、あるテレビ局は単純計算で48キロと試算したほど、スピードボール全盛の現代野球では異色の勝負球といえる。場内は驚きと笑いが入り交じったどよめきが起き、見逃したファンが「何々?」とざわめいていたのも印象的だった。

 めったに投げないから価値があり、効果も増す。これは本人も自覚している。だからこそ、条件がそろわないと投じない1球だ。油断していると見逃してしまう危険性も十分ある。今後の多田野登板日のテレビ観戦、球場観戦のためにも、取材を通じて得た超遅球が繰り出される条件を記しておきたい。

 1チームが負けている展開
 2体の大きな打者(特に外国人選手)
 3追い込んだカウント

 この3つは必ずしも絶対条件ではないが、魔球が登場する確率が上がるキーワードだ。多田野が「球場の雰囲気を変えることができるので、負けているときが多い」と話したように、投げるシチュエーションは決まっているようだ。米国では「2試合に1回」というペースだったというが、貴重で痛快な1球は、素直にまた見たい。

(村上秀明)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハム番日記
高山通史(たかやま・みちふみ)
 新潟県新潟市(旧小須戸町)出身。日刊スポーツ長野、新潟支局を経て02年北海道本社に入社。編集部。一般スポーツ、コンサドーレ札幌などを担当し、03年9月から日本ハム担当。高校3年夏の甲子園に出場して本塁打をマーク。趣味は映画(レンタルDVD)観賞と愛犬の散歩。1975年4月生まれ。
本間翼(ほんま・つばさ)
 北海道札幌市出身。在京スポーツ紙で4年間経験を積み、07年6月に入社。昨年まではプロ野球を担当し、新規参入1年目の楽天、44年ぶり日本一の日本ハムを担当した。休日は最近はじめたゴルフの練習に精を出すが、思うように上達しないのが目下の悩み。1978年4月生まれ。
石井克(いしい・まさる)
 北海道札幌市出身。1983年8月生まれ。09年9月に北海道本社に入社。同年10月から日本ハムを担当している。小学3年から野球を始め、高校時代は投手。アンダースローに転向して甲子園を目指すも、夢はかなわなかった。最も尊敬する人物は野茂英雄氏。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. ハム番日記

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです