日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年9月02日

4位失速…新戦力出てこないのはなぜ?

 このブログを書いている8月31日、日本ハムがBクラスの4位へと転落した。細かい部分まで私見で要因を1つずつ挙げていったらキリがない。ただ1つ、失速を招いている大きな要素となっていると考えているものがある。それは選手、特に野手の意識の方向性だ。もちろんそれはデータ、数値では表せないので、取材をしている中で、あくまで感じる個人的なものである。そのため正解かどうかは分からない。以下は個人的見解であることだけは、断っておく。
 今季、チームはほぼ一新された状態で迎えた。03年から5年間変わらなかったヒルマン監督から梨田監督へバトンタッチ。コーチ陣もパ連覇中にもかかわらず、大幅に顔ぶれが変わった。選手の立場から見れば、この状況はどう映るのか。これまで1、2軍を往復するなど定位置をつかめなかった選手にはチャンス。またレギュラーだった選手は、危機感を感じてもいい。会社と同じで上司が違えば、適材適所での人材登用も違ってくるからだ。相乗効果で、活気づいても不思議ではない環境だった。
 これまで1軍へは駒居、中田と大平のルーキーコンビの3選手以外、野手はすべて昇格した。それでも今季、新戦力と呼べるレギュラー野手は、外国人選手以外は皆無なのが実情だ。あえて挙げるなら、糸井くらいだろう。チャンスをもらいながら、モノにしきれない若手。本来はレギュラー争いをする立場にある、中堅選手が難なく、言葉は悪いが「消去法」のような形で定位置に収まっている状況になっている。特に投手より野手だが、生え抜き選手で若返り、底上げを図ろうとしている中で、停滞しているといえる。各選手によってチャンスが多い、少ないという部分もあるので、一概には言えないが。
 本拠地・北海道での熱は、昨季に増してあると思う。もちろん選手にとって幸せなことだとは分かってはいるが、それに満足をしているかのように個人的に感じてしまう選手が一部にいると、取材していて思う。今季は特に、取材時の返答、態度などから、今まで以上に強く思う。本来は攻撃的、積極的に勝負の1年を過ごしてほしいと思う選手が、そうではないと感じてしまうのが、取材していてのストレスの1つでもある。
 つい最近の敗れた取材時のこと。大きなミスをした選手に、そのミスに関して質問すると露骨に嫌な顔をされた。試合の勝敗に関係がない自身のほかの好プレーに関しては上機嫌で、じょうぜつに答えていた。自分の置かれた立場を客観的に見られていれば、強がりを言ったとしても、そのような取材対応にはならないだろうと感じた。スター選手、そうではなくとも主力選手と言われる立場になるには、一朝一夕では不可能だと思う。日本ハムファンから自身に降り注ぐ、熱烈な応援はそのまま「実力」でも「実績」でもない。いろいろなことに客観的な見方ができる「個」が結集しなければ、現状を変えるのは至難の業になる。

(高山通史)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ハム番日記
高山通史(たかやま・みちふみ)
 新潟県新潟市(旧小須戸町)出身。日刊スポーツ長野、新潟支局を経て02年北海道本社に入社。編集部。一般スポーツ、コンサドーレ札幌などを担当し、03年9月から日本ハム担当。高校3年夏の甲子園に出場して本塁打をマーク。趣味は映画(レンタルDVD)観賞と愛犬の散歩。1975年4月生まれ。
本間翼(ほんま・つばさ)
 北海道札幌市出身。在京スポーツ紙で4年間経験を積み、07年6月に入社。昨年まではプロ野球を担当し、新規参入1年目の楽天、44年ぶり日本一の日本ハムを担当した。休日は最近はじめたゴルフの練習に精を出すが、思うように上達しないのが目下の悩み。1978年4月生まれ。
石井克(いしい・まさる)
 北海道札幌市出身。1983年8月生まれ。09年9月に北海道本社に入社。同年10月から日本ハムを担当している。小学3年から野球を始め、高校時代は投手。アンダースローに転向して甲子園を目指すも、夢はかなわなかった。最も尊敬する人物は野茂英雄氏。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. ハム番日記

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです