日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ふくださんの高校野球が好きのイメージ画像

◆ふくださん 福田豊(ふくだ・ゆたか)。85年日刊スポーツ新聞社入社。野球記者を11年。巨人、西武、日本ハム、アマ野球、連盟などを担当。野球デスクを7年勤めた後、2年間の北海道日刊スポーツ出向などを経て、現在は毎朝6時半出社で「ニッカンスポーツ・コム」の編集を担当。取材で世話になった伝説のスカウト、木庭教(きにわ・さとし)さん(故人)を野球の師と仰ぐ。好きなスタジアムは甲子園と、雄大な富士山を正面に拝める山梨・北麓球場。@fukudasunのアカウントでツイート中。

延長15回のドラマを見たい

11年07月19日 [12時52分]

 18日は延長15回までもつれた熱戦が4試合もあった。

 このうち静岡の掛川東-吉原工が引き分け再試合に。残りの3試合は15回裏、サヨナラで決着がついた。

 激闘15回、成田散る 千葉大会16強出そろう(朝日新聞) 館山総合3-2成田(イニングスコア)

 穎明館サスケがサヨナラ打/西東京大会(日刊スポーツ) 穎明館5-4小平南(イニングスコア)

 9回裏2死から猛反撃 延長15回再試合に 掛川東-吉原工 静岡大会(朝日新聞)
 掛川東4-4吉原工(イニングスコア)

 美濃加茂、延長15回サヨナラ(岐阜新聞) 美濃加茂4-3岐山(イニングスコア)

 この4試合以外にも18日までの時点で、延長15回までもつれた試合が5試合ある。

 群馬2回戦:西邑楽5-5太田(再試合で西邑楽が13-7で勝利)
 山形1回戦:九里学園4-4山形商(再試合で九里学園が3-1で勝利)
 神奈川1回戦:座間総合7-3綾瀬 
 新潟1回戦:長岡商8-7村松
 鹿児島2回戦:鹿児島一3-2大島北

 このほか14回までいった試合が7試合、13回までが5試合あった。

 延長戦で思い出すのはやはり1979年(昭54)8月16日、甲子園で行われた箕島-星稜戦だろう。 (箕島4-3星稜延長18回死闘/VTR=日刊スポーツ) (箕島対星稜延長18回=ウィキペディア)

星稜000100000001000100=3
箕島000100000001000101=4

 延長18回の熱戦だったが試合時間は3時間50分。一塁手がファウルフライを落球した直後に同点本塁打が飛び出すなど多くのドラマが生まれた。ナイトゲームだったことも印象深く、ドラマに彩りを添えた。その後。松坂大輔投手が投げた横浜-PL学園の17回死闘なども経て、延長戦は15回までという規定に変わった。

 負ければ終わりの高校野球。この夏も記憶に残る名勝負を見たい。

 

 

 

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメントする(気になる学校、注目する選手がいたら、ふくださんにコメントしてね。)

ふくださんの高校野球が好きの最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら