日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年12月31日

広島にも偶然的な「出会い」が…:酒井俊作

 クリスマスイブの深夜だった。テレビでは小田和正がヒット曲『ラブ・ストーリーは突然に』を口ずさんでいた。あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等はいつまでも 見知らぬ2人のまま♪ この世は偶然的な「出会い」が、どれほどのドラマを紡いでいることか。何も男女の仲だけではない。今年の広島の補強事情を取材するほど、このフレーズを強く感じさせられるのだ。

 今オフ、チームは球団史上初めてフリーエージェント(FA)戦線に参入。横浜からFA宣言した内川の獲得に乗り出した。結局、失敗に終わったが、その4カ月前にも実は大物メジャーリーガー内野手の名前が浮上していた。7月中旬。救援陣のテコ入れで新外国人チュークを緊急補強したときだった。球団関係者は言う。「イワムラをとらないかと持ちかけられたんだよ。でも、あまりにも時間がなさすぎる…」。チュークが在籍した米大パイレーツ傘下3Aインディアンズで当時プレーしていたのが岩村明憲だった。マイナーでくすぶっていた岩村の放出を考えていた先方から持ちかけられた交渉だった。

 新戦力の補強期限は7月末日までと決まっている。編成面で検討するには性急すぎて、時間的な猶予もなく、やむなく立ち消えとなってしまった。岩村はヤクルト時代の04年から3年連続で打率3割、30発以上を記録するなど日本で通算188本塁打をマークしたスラッガーだ。何より、広島の補強ポイントである三塁を守れる点が魅力的だった。両者の思惑が一致して初めて成立する補強は、タイミングが成否を左右するもの。今オフ、岩村は楽天入りが決定した。縁がなかったといえばそれまでだが、どうすることもできない一瞬のすれ違いで「広島岩村」は幻に終わった。

 ともあれ、今年1年がまもなく終わる。野村カープ1年目を漢字1文字で表すと「惑」だっただろうか。5位に甘んじて、来季に向けて積極的な補強も断行。かつて西武で活躍した豊田清やオリックスから古巣復帰する菊地原、新助っ人バリントン、ドラフト1位福井らが加わる。そこにも確かな新たな出会いがある。カープと縁のあった猛者たちとともに、ハッピーエンドの初夢を見るとしよう。(酒井俊作)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

カープ担当記者日記
酒井俊作(さかい・しゅんさく)
 03年入社後は6シーズンの阪神担当を経て、08年11月から広島担当。1人旅と焼酎を愛してやまない。カープが優勝した1979年に鹿児島県で生まれ、京都府育ち。
高垣誠(たかがき・まこと)
 1963年、兵庫県生まれ。89年の入社から様々な部署を異動。もらった辞令の数は社内一と自負するおめでたい人。プロ野球ではかつて中日、オリックスを担当。15年ぶりのプロ野球担当、広島単身赴任も慣れてきた46歳。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. C調気分でどんとコイ!

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです