日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年7月15日

「責任感と内助の功」で記録樹立:網孝広

 7月8日の中日戦で梅津が球団新記録を樹立した。20試合連続無失点。5月5日の横浜戦から2カ月あまりかけて達成。82年の山本和男、01年の菊地原毅が持つ19試合を更新。14日現在、記録は22試合まで延びている。イニングでは18回2/3連続無失点。その間、四死球はわずかに3つ。頼れる中継ぎ陣の1人としてフル回転している。

 昨年のこの時期、梅津は2軍にいた。不振のため7月6日に降格。再昇格したのは7月31日だった。昨季の成績は47試合で防御率5・28。今季はここまで31試合で0・68。数字で見れば顕著な違いがある。何が変わったのだろうか。「調子は特別いいわけでもない。あとは気持ちの面かな」。結婚したことが大きかったのか。「それはすごくあります」ときっぱり言った。

 昨年12月、翔子夫人と入籍。東京都内の事務所に所属していたタレントモデルの翔子夫人。昨年1月~9月まで「めざましテレビ」に週3度出演。JR東日本キオスク、コンビニ「ニューデイズ」の従業員募集ポスターに学研のカメラ雑誌「デジCAPA」のレギュラー…。事務所の社長曰く「売れっ子」だった夫人。昨年12月に事務所を辞めている。「もう(芸能活動は)やらないって言ってました」(同社長)。梅津を支えるため、“引退”して広島にやってきた。

 「打たれても引きずらなくなりました」。昨年までリリーフに失敗した夜は、1人の部屋に帰りモヤモヤした気持ちを抱えながら食事もとらずに寝ていたという。今年は「打たれて帰ってもヨメさんがいる。野球の話やいろんな話をしていると、切り替えられる」。翔子夫人は梅津の登板をビデオ録画する。料理上手な妻は栄養にも気を遣う。「結婚してコンビニ弁当を食べなくなりました」。

 「結婚する時、『お前のせいでダメになったって言われない』ように頑張るって約束したので」。責任感と“内助の功”が生命線の制球力を支えている。


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

カープ担当記者日記
酒井俊作(さかい・しゅんさく)
 03年入社後は6シーズンの阪神担当を経て、08年11月から広島担当。1人旅と焼酎を愛してやまない。カープが優勝した1979年に鹿児島県で生まれ、京都府育ち。
高垣誠(たかがき・まこと)
 1963年、兵庫県生まれ。89年の入社から様々な部署を異動。もらった辞令の数は社内一と自負するおめでたい人。プロ野球ではかつて中日、オリックスを担当。15年ぶりのプロ野球担当、広島単身赴任も慣れてきた46歳。

最近のエントリー




野球ニュースランキング




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. コラム
  4. C調気分でどんとコイ!

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです