このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 野球 > アマチュア野球 > 第78回センバツ高校野球大会 > 大会データ




第78回センバツ高校野球大会[2006年]

大会期間:2006年3月23日(木)から12日間


大会データ

歴代優勝校

[過去の大会]
2005年
2004年
第78回センバツなんでもベスト5
打率
(1)岩谷知輝[外](3年=旭川実.583
(2)赤宗幸大[外](3年=今治北.556
(3)高山亮太[投](3年=東海大相模.538
(4)広滝航内[野](3年=清峰.537
(5)藤田公士郎[内](3年=金沢桜丘.536
打点
(1)間瀬恭平[内](3年=愛知啓成25
(2)福田永将[捕](3年=横浜24
(3)安井一平[内](3年=関西23
(3)岩崎勝[外](2年=光星学院23
(5)越前一樹[外](3年=横浜20
防御率
(1)大西靖彦(3年=延岡学園0.99
(2)秋山良太(3年=岡山東商1.00
(3)ダース・ロマーシュ・匡(3年=関西1.17
(4)大野雄大(3年=京都外大西1.20
(5)尾藤竜一(3年=岐阜城北1.32
奪三振率
(1)栗山賢(2年=日本文理13.18
(2)細川貴生(3年=高岡商10.13
(3)佐々木拓也(3年=北海道栄9.79
(4)尾藤岐阜城北9.75
(5)太田裕哉(3年=一関学院9.00

大会記録
1試合最多奪三振(23奪三振) 米子東・矢滝伸高(33回大会、敦賀戦※延長16回)
連続無失点(39イニング) 岡山東商・平松政次(37回大会)
大会通算最多奪三振(60奪三振) 作新学院・江川卓(45回大会)
個人連続出塁(11連続出塁) 享栄・藤王康晴(55回大会)
個人大会通算最多安打(13安打) 観音寺中央・室岡尚人(67回大会)
チーム1試合最多安打(24安打) 智弁和歌山(72回大会)
個人1試合最多打点(7打点) PL学園・桑田真澄(56回大会)、星稜・松井秀喜(64回大会)、福井商・赤土善尚、鳴門工・梅原健太(ともに74回大会)
チーム1試合最多塁打(42塁打) PL学園(56回大会)
チーム大会通算最多塁打(101塁打) 智弁和歌山(72回大会)
チーム1試合最多盗塁(14盗塁) 広島商(46回大会)
個人1試合最多盗塁(5盗塁) 北海・谷木恭平(35回大会)
センバツ初出場初優勝(16校)

 今大会の初出場校は12校で全体の3分の1以上を占める。センバツはひと冬越えて、チーム力がどれだけアップしたか未知数な部分があるだけに、波乱も多い。初出場校が一気に優勝まで駆け上がった例は過去に16校ある。

 

 第22回大会(50年)で韮山(静岡)が戦後初の初出場初優勝を勝ち取った。第36回大会(64年)では「ジャンボ」の愛称でプロゴルフ界の頂点に立ったエース尾崎率いる徳島海南が波乱の大会を制した。決勝は尾道商(広島)との初陣対決となったが、終盤に2点差を逆転し、劇的V。尾崎は5試合すべてを1人で投げきり、総失点3という快投だった。第44回大会は「ジャンボ仲根」が話題をさらった。日大桜丘(東京)のエース仲根は身長190センチの大型右腕でパワフルな打撃も光った。決勝では日大三(東京)との兄弟校対決に完勝した。

 

 第48回大会(76年)は初出場校が13校。うち3校が準決勝進出を果たし、崇徳(広島)が“フレッシュ大会”を制した。第56回大会(84年)は桑田・清原擁するPL学園(大阪)の夏春連覇に注目が集まった。同校は甲子園20連勝で順当に決勝まで進んだが、思わぬ伏兵が現れた。初出場の岩倉(東京)が8回裏に1点を挙げ、両チーム無得点の均衡を破った。そのまま競り勝ち、PL学園の快挙を阻んだ。翌57回大会も伏兵校の優勝だった。のちに西武で活躍する伊野商のエース渡辺が準決勝でPL学園を撃破し、決勝でも帝京を破った。2年連続の初陣Vとなった。

 

 第60回大会(88年)では平均身長が最も低かった宇和島東(愛媛)が「牛鬼打線」と呼ばれた打撃力で激戦を勝ち抜いた。指揮を執った上甲監督は第76回大会(04年)でも済美(愛媛)を創部3年目で優勝に導き、自身2度目の初出場初優勝という偉業を達成した。第67回大会の観音寺中央(香川)など四国の代表に初出場初優勝が多い。



このページの先頭へ